• 詳しくはこちら

代表ブログ

2012年2月17日 金曜日

相続登記のあれこれ2

昨日の続きです。
相続登記の必要書類で取得に一苦労する戸籍。遠くの市町村へ請求する場合、直接取りにいくのも勿論方法としてはありますが、現実的なのが郵送での取得でしょう。
郵送での取得方法は殆どの各市町村のホームページで、請求書をダウンロードできますので、それに必要事項を書入れ、必要書類を添付して郵送すれば取得できます。
また、取得するのに当然費用がかかります。全国的に戸籍450円、除籍750円というのが相場ですが、これを支払うのにほぼすべての市町村が定額小為替を要求してくるのです。この定額小為替というのは郵便局(細かく言うとゆうちょ銀行)で取得できますが、この小為替、発行するのに1枚100円の手数料がかかります。民営化前は1枚10円でした。1枚100円、高いです。仮に50円の小為替を発行してもらうと、手数料の方が高くつくことになります。まあ、小為替は450円分、750円分それぞれ1枚で発行もできますので、50円を発行する場面は少ないとは思いますが。。
私としては、現在の小為替のみの取り扱いから、ネットバンク決済等の方法も取り入れて欲しいんですけどねえ。有効期限の切れた小為替が市町村からおつりとして送られたときの腹立たしさったらありませんからね。
では、また。

投稿者 みやはら司法書士事務所