• 詳しくはこちら

代表ブログ

2012年1月25日 水曜日

司法書士という資格

先日、友人から聞いた話ですが、新卒の内定率が6割を切っているとのことでした。不景気に伴う就職難は今も続いているようです。こういう時代ですので、資格を取って就職を有利にしようと思っていらっしゃる方も沢山いるかもしれません。最近は資格取得のCMも多いですからね。
司法書士という資格は、取得すれば開業することができます。ただ、最近は勤務司法書士といって、開業せずに他の事務所に雇われて勤務するといった方も随分と多くなってきました。開業してもそれで上手くいくいう保証は必ずしもありませんし、雇われていた方が、収入も精神的にも安定しますからね。
最近強く思うのは、司法書士になることよりも、開業して司法書士として生活する方が遥かに難しいということです。当たり前といえば当たり前なのですが、受験時代は考えなかったことです。司法書士として案件を処理する能力と事務所を経営する能力は別個のものです。最近は競争も激しくなってきた為、それが顕著にあらわれているような気がします。
まあ、前述したとおり勤務司法書士になるという選択肢もありますから、もし試験を目指されている方がいましたら、受かった後の自分の方向性と適正について考えるもの決して無駄な時間ではないと思います。
では、また。

投稿者 みやはら司法書士事務所